本文へジャンプ
農産高校

学校長からの

ご挨拶


学校経営計画

学校経営報告


イメージ

  平成27年度のアーカイブです。
   校長室ブログ                     最終更新日 平成28年3月22日
タイトル   メッセージ
 3月17日
全日制 全校課題研究発表会
 園芸デザイン科と食品科3年生の「課題研究」優秀発表にあたる代表者発表会を実施しました。
 
 
 
園芸デザイン科代表の発表題目
 1「農産高校における雑草調査〜在来種と外来種の比較調査」
 2「フラワーアレンジメントを使った中学生向け体験学習」
 3「農産高校の江戸東京野菜 青茎三河島菜への取り組み」
 4「懸崖菊の栽培」
 
食品科代表の発表題目
 1「リンゴの天然酵母を使ったパン作り」
 2「江戸東京野菜を使ったシフォンケーキ」
 3「やわらかいジャムをつくる」
 4「洋風な野菜大福の製造」
 
 今回は審査・講評を外部の専門家にお願いしました。園芸系の審査・講評は公益財団法人 東京都農林水産振興財団江戸川分場長、食品系の審査・講評は食品技術センター副参事研究員にお願いいたしました。 
 
 
 今回代表発表をしてくれた生徒にはPTAから優秀者記念品が授与され、校長から食品科の最優秀発表者に渡しました。

 また、代表者発表会終了後には、会議室にて3か年に渡る言語能力向上拠点校としての成果発表会を実施しました。 
 
3月16日
全日制 ようこそ先輩プロジェクト
 
 昭和42年度農産高校園芸科卒業で、世界的に著名な盆栽作家・春花園盆栽美術館館長でいらっしゃる小林国雄氏の講演会を実施しました。ご縁があって今年は小林氏が農産高校を卒業されてから50年の節目の年に講演をしていただくことになりました。小林氏は日本盆栽作風展で内閣総理大臣賞を4回受賞するなど数多くの作品を手掛けるとともに、最近は海外での講演やデモンストレーションなども精力的に行い、盆栽の普及に努められています。
 演題は「盆栽をとおしたものづくり・ひとづくり 〜スペシャリストを目指すに当たって心に留めておくこと〜」として在校生に話をしていただきました。
 
 
 
 講演に際して盆栽美術館所蔵の素晴らしい盆栽をお持ちいただきました。
 
 
 
講演終了後には、生徒からの質問にお答えいただきました。
3月15日
全日制 園芸デザイン科

 園芸デザイン科及び園芸部の取り組みとして4年前から活動している、荒川区の伝統野菜「三河島菜復活プロジェクト」に関して、平成27年度の栽培・普及、にっぽりマルシェなどの活動に対して荒川区長から感謝状をいただきました。
 
 今年度の活動を振り返ってとの質問には、多くの生徒が44年ぶりに学校農業クラブプロジェクト発表で関東大会に出場したこと、にっぽりマルシェで活動の様子を発表したことなどを語っていました。
 
 園芸部の部長が荒川区北川副区長から感謝状を受け取りました。
 
 
3月12日
定時制 第59回卒業式
 
 定時制 第59回卒業式を挙行し、4年生26名、3年修業制6名、合計32名の生徒が本校を巣立ちました。
 
  卒業証書授与
 

  学校長式辞
 
 
  式典会場及び会場前の廊下は園芸部・創作造形部の生徒と先生方で準備してくれました。寄せ植えには在校生からのメッセージが添えられていました。
3月11日
全日制 第59回卒業式
 
 全日制 第59回卒業式を挙行し、133名の生徒が本校を巣立ちました。
 
   卒業証書授与 担任による卒業生の呼名
 
  在校生代表送辞
 

  卒業式 式場の装飾は園芸デザイン科の生徒と先生が手掛けています。来賓の皆さま、保護者の皆さまから「素晴らしい」「きれい」とお褒めの言葉をいただきました。
 

 
3月10日
手紙作文コンクール 
  平成27年度第48回「手紙作文コンクール」はがき作文部門 銅賞
 園芸デザイン科3年生の作品が43,276点の応募作品中、銅賞に選ばれました。
 卒業式を前にした前日、校長室にて葛飾郵便局長様から賞状を授与されました。

 
3月2日
定時制第一次募集
  
 
 定時制第一次募集の合格発表を行いました。合格した32名の生徒の皆さん、4月7日の入学を本校生徒・教職員一同心待ちにしています。 
3月2日
全日制第一次募集
 
  
 全日制第一次募集の合格発表を行いました。合格した100名の生徒の皆さん、4月7日の入学を本校生徒・教職員一同心待ちにしています。
2月24日
全日制・定時制 学力検査
  
  全日制・定時制ともに一次募集の学力検査を実施しました。合格発表は3月2日です。全日制は午前9時、定時制は午後3時30分に、本校にて掲示による発表を行います。
2月17日
全日制食品科
 食品科1年生「総合実習」という授業で、こんにゃくの製造実習を見に行きました。
 
  3時間続きの授業の2時間目で、ちょうど「のり出し」の工程が始まっていました。
 
 「あく入れ」→「成型」→「凝固」の工程です。
 
  生徒は実習の先を読みながら、よく動けていました。感心です。先生方の指導も考えさせる指導が行われており、よかったです。
 
 「切り出し」→「熱凝固」の工程です。
 
 
  この後は、「水さらし(あく抜き)」をして製品化です。
 
   
2月16日
定時制 卒業生を送る会

 少し早いのですが、卒業生を送る会が行われ、4年生と3年修業制で卒業見込みの32名を在校生・教職員で卒業を祝福しました。
 
   4年生と3修制卒業予定生徒の入場です。
 
  ダンス部の発表です。
 
  3年生のクラス劇です。校長・副校長も登場しました。副校長は主役級です。
 
  締めくくりは、教員劇でした。
 
2月14日
全日制 園芸デザイン科




 
 園芸デザイン科3年生が「世界らん展日本大賞2016」に出展し、ディスプレイ部門オープンクラスで奨励賞をいただきました。
 今回は、「ランを使って花筏を表現しました。桜が散った後の川を花ビラが埋めつくすように、水面にランを浮かべました。川の上流には「ねぶた」があります。冬を経て春を待つ東北の地を感じてくれたら幸いです。」とのコメントを付けました。
 
 
 

  
  
2月5日
定時制 課題研究発表会
 
 定時制「課題研究発表会」が行われ、4年生と3年修業制で卒業を目指している生徒が発表を行いました。
 
  生徒の発表中の様子です
 

 
 
 副校長による指導・講評
2月2日
全日制 推薦に基づく選抜
 
 推薦に基づく選抜の合格発表を行いました。 
 
1月28日
全日制 園芸デザイン科
 
  園芸デザイン科3年生の課題研究発表会が行われました。園芸デザイン科・食品科とも、優秀な発表については、1・2年生を対象にした代表者発表を行います。
 
1月21日
全日制 園芸デザイン科
 
 園芸デザイン科生徒が今年も世界らん展日本大賞に作品を展示します。
 

 日程:2016年2月13日(土)〜19日(金) 一般公開7日間
  午前9時30分〜午後5時30分 (入場は午後5時00分まで)

  ・入場は閉場時間の30分前までとなります。

 (外部リンク)
 
 
1月21日
全日制 推薦に基づく選抜
 推薦に基づく選抜の願書受付が行われました。農産高校全日制への出願、ありがとうございます。1月26日・27日の検査日に、これまでの学習成果が発揮できることを祈念しています。
 
 
 
 科名 募集人員 応募人員(男) 応募人員(女) 応募倍率
 園芸デザイン科  21  11  31  2.00
 食品科  21  30  50  3.81
1月20日
全日制 食品科
 
 食品科3年生の「課題研究」発表会が行われました。一年間かけて一人一人がテーマを設定し、研究計画・実施・考察・評価を加え、最後に発表活動を行いました。
 
 
 
1月15日
全日制・定時制
 全日制園芸部、パン加工部、・定時制生徒の活動などがWebで紹介されました。
 外部リンク 
 COMPAS navi  学校取材 首都圏
 野菜や花を育て、食品を製造する楽しさで、生徒はいつも輝いている
1月16日
定時制 自校作成問題解説会
 定時制では入学者選抜の学力検査を自校作成問題で実施しています。この日は校長あいさつに続き、実施教科である国語・数学・英語の過去問題の解説と今後1か月の勉強方法についてアドバイスを行いました。全体会終了後には個別相談や農場の見学会を行いました。
 
12月26日
定時制 体験入学
 
 定時制課程中学生体験入学を開催しました。総勢26名の参加があり、本校定時制の特色である「園芸系」と「食品系」の両方を体験できるようにしました。
 園芸系は「草花」の寄せ植えと「野菜」の収穫を体験しました。園芸部の生徒が先生役となり、見本となる作品を作製したり、参加した中学生にアドバイスをしました。
 
 また、有機無農薬で育てた「ダイコン」や「キャベツ」「ブロッコリー」の収穫には、参観していた保護者の方々が大喜びしていました。
 
 「食品系」のクッキーづくりでは、2〜3人のグループでクッキーの生地づくりや型抜きをしてオーブンで焼き上げました。
 実際に農産高校定時制で学んでいることの体験を通じて「農産高校定時制で学んでみたいという気持ちが強くなった。」という感想も多数ありました。
 
 
 
お知らせ
 1月16日(土)には、自校作成問題説明会を13時から本校で開催します。また、授業公開及び給食体験(実費390円)が1月18日(月)・19日(火)の17時15分から19時30分まで予定されています。どちらも事前の申し込みをお願いしております。ファクシミリまたは定時制副校長 長野までお電話ください。(副校長 記)
12月25日
定時制 2学期終業式
 
 1年間で2学期の終業式限定と決めているクリスマスデザインのネクタイを校長先生が生徒に披露し、和やかに校長講話が始まりました。定時制生徒のさまざまな活動を称えながら、サッカー日本代表の本田選手の「心の折れないジュニア選手の育成」を始めたことや、ラグビー日本代表の五郎丸選手が、メンタルトレーナーとともに「集中力を高めるルーティン」の話をして、定時制のみんなも、一つ一つの自分の課題やチャレンジにしっかり取り組み続けてほしいというエール講話でした。
 その後、日比谷公園ガーデニングショーでの奨励賞や葛飾区「花と緑のはがきコンクール」押花・一般部門で葛飾新宿郵便局長賞。造園技能検定、日本農業技術検定、漢字検定、校内寄せ植えコンテストと、のべ20名以上の表彰がありました。
 
また、12月18日に実施されたスポーツ大会について大会実行委員長の4年生から表彰状が渡され、みんなで2学期のがんばりを確認のできた終業式でした。(副校長 記)

 

 (外部リンク)葛飾区「花と緑のはがきコンクール」入賞者等のページ
12月19日・20日
全日制 園芸デザイン科
 
 園芸デザイン科の園芸部を含む生徒がにっぽりマルシェに出店し、青茎三河島菜や食品科で製造した三河島菜入りのパウンドケーキなどを販売しました。昨年までは三河島菜のみの販売でしたが、今年は園芸デザイン科の生徒が栽培したネギや食品科
で製造したクッキーなども販売し、マルシェらしい雰囲気の出店となりました。両日とも生徒が元気に三河島菜の宣伝や販売活動を行ってくれました。
 

  マルシェでの販売活動のようす
 
  三河島菜入りのパウンドケーキ
 
   オリジナルのクリスマス・リースも販売
 
  今年から三河島菜や園芸部の活動、プロジェクト研究の展示も行いました
 
  荒川区が三河島菜のレシピやクリアファイルを作成・配布しました。中には農産生が考えた三河島菜のレシピも紹介していただきました。 
12月18日
全日制 技能士合格者表彰
 全日制はこの日が終業式でした。農産高校は園芸デザイン科・食品科全学年の生徒が夏季休業期間中に実験・実習等で登校する日が設定されていることから、冬季休業の始期が早くなっています。
 終業式後に表彰を行いました。
 今回触れたいのが、技能士検定です。技能検定は、「働く人々の有する資格を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発法に基づき実施されています。
 全日制では園芸デザイン科で造園技能士3級・2級にこれまでも取り組んでおり、数多くの合格者を出してきました。今年からフラワー装飾技能士にも取り組みを始めて3級合格者を出しました。全校生徒の前で表彰を行い、技能士の称号証を渡しました。
 技能士は確かな技能の証として各職場において高く評価されています。
12月18日
定時制 スポーツ大会 
 定時制のスポーツ大会が体育館で実施されました。開会式で「バレーボールをつなぐ楽しさを通じて、クラスの仲間との一体感を味わうこと」「試合を通じて学年を超えた交流を深め、互いの検討をたたえあうこと」「審判の判定に公正な態度、そして互いに審判活動をしてゲームを自分たちで運営すること」を話しました。生徒たちは最後までボールをあきらめずに追いかけ、ラリーが続く好ゲームがたくさんありました。そんな好プレーに学年を超えた拍手や声援がたくさん出てきて、体育館の中が本当に温かい雰囲気になっていきました。
 また、普段の農業実習の成果なのか、生徒たちは率先してそれぞれの審判の役割をしっかり果たし、ゲームの進行がとてもスムーズでした。男子はレシーブ、トス、スパイクの3段攻撃をしっかり決める1年生が優勝、女子はサーブを確実に決め、しっかりとみなでつなぐバレーをした3年生が優勝しました。男子優勝チームと教員チームのドリームマッチは教員チームが大人げなく全力を出して勝ちました。農産高校定時制が生徒と教員一体となったスポーツ大会は無事終了しました。
 「農産高校定時制って、とてもいいな」と再認識した一日でした。(副校長 記)
 
  全員で準備体操
 

  女子バレーボール
 
  男子バレーボール
 
  お互いの健闘をたたえました
  
  表彰式(中央 優勝した1年男子)
12月17日
全日制 園芸デザイン科
 園芸デザイン科の1年生がダイコンの収穫を行いました。
 
  まずは収穫前に観察を行いました。
 
  収穫にはコツがいります。
 
  収穫後に長さや太さなどの調査を行いました。
 
  販売に向けての調整を行いました。
 
12月17日
全日制 「奉仕」体験活動2回目

 
 
  園芸デザイン科と食品科の1年生が「奉仕」体験活動を行いました。葛飾区内の公共施設に置かせていただいているプランターは東京葛飾東ロータリークラブとの連携協定によるご支援をいただきながら今回から実施している活動です。農産高校も葛飾区が推進している「花いっぱいのかつしか」に協力しています。
 生徒がプランターへの植栽を終えたあと、連携のシンボルであるシールを側面に貼って完成です。完成したプランターは葛飾区のご協力により各所に運搬されました。
 
  園芸デザイン科の活動
 

 
  食品科生徒の活動
 
 
12月14日・15日
全日制 球技大会
  球技大会が行われました。女子はドッジボール・バスケットボール、男子はサッカーとバスケットボールでした。
 担当教諭の話では、実行委員が中心となって企画・プログラム作成・運営に至るまで、まさに生徒の手作りで実施してくれたということでした。
 私も二日目に様子を見て回りましたが、生徒は集中して取り組み、応援にも熱が入っていました。各競技の優勝は1年から3年まで各学年から優勝チームが出ました。
 
 
12月14日
定時制 地域連携事業

 学校経営方針の「地域貢献活動をする学校」の農産高校定時制地域連携事業の一環として、定時制4年生「園芸デザイン」の授業で作成したクリスマスリースを亀有駅南口の両津勘吉像にデコレーション展示してきました。
 
 
   南口の両津勘吉祭姿像のクリスマスリース点灯風景
 また、農産高校の正面玄関には、下の画像のようにクリスマスリースのイルミネーション展示をしております。展示期間は12月14日から26日(土)の期間限定となっておりますので、クリスマスの雰囲気を味わうために、ぜひご覧いただけると幸いです。
(副校長記)
 
    農産高校正面玄関のクリスマスリース点灯風景
    (画像を重ねると拡大イメージが見られます。)
 
12月12日
全日制・定時制
エコプロダクツ2015
 東京ビックサイトを会場に12月10日から12日の3日間開催された、日本最大の参加体験型環境イベントである、エコプロダクツ2015の展示のうち、オール東京62市区町村共同事業「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」の会場装飾として協力しました。
 本校生徒が育てた花を使って寄せ植えやリースなどの作品を展示しました。昨年は葛飾区のコーナーの一角でしたが、今年はイベントスペースを含め、寄せ植えで会場の演出に協力することができました。
 
 
 
 
 
 
  
12月12日
全日制 農業技術検定 
 全日制では平成27年度より、農産高校技能スタンダードを定めて取り組んでいます。技能スタンダードとは、生徒が在学中に身に付けるべき専門分野に関する主な技術・技能の目標をまとめた「技能スタンダードT」(技術・技能編)と、本校生徒が卒業までに取得を奨励する資格をまとめた「技能スタンダードU」(資格・検定編)から構成されています。
 技能スタンダードTでの学習成果を踏まえ、技能スタンダードUの検定・資格の学習を通して、知識・技術・技能の定着、実践力の深化を図っています。
 本校では学校経営計画で12月実施の2年生全員の受験を位置付け取り組んできました。
 この日は園芸デザイン科・食品科の生徒が3級を受験しました。

 農産高校技能スタンダードはこちらを参照ください。(pdf)
 日本農業技術検定の実施団体のページ(外部リンク) 
 
12月9日
全日制 言語能力向上推進行事
 言語能力向上推進行事の2回目として、3年生を対象にして、「社会に出るときに必要なコミュニケーション」と題して(株)南国酒家 総務人事部の部長様を講師としてお招きし、講演をしていただきました。
 社会で役立つコミュニケーション能力や社会ではなぜコミュニケーション能力が重視されるのか、コミュニケーション能力の「話す力」と「聴く力」については、ワークを取り入れて生徒の言語活動を促していただきました。
 会社での人間関係を良くする3つのポイントも教えていただき、生徒は新しい気づきにも触れ、有意義な講演会となりました。今後の社会生活を送る上でおおいに参考になりました。いっしょに話を聴いていた教員も目からうろこの内容でした。
 
 
   
12月9日
全日制 「奉仕」体験活動
 
 園芸デザイン科と食品科の1年生が「奉仕」体験活動を行いました。今回は、保育園児の活動補助、小学校での除草・清掃活動、児童館でのお手伝い、福祉施設では利用者の散策や体験活動の補助などを行いました。
 また、本校の特徴を活かした活動として、園芸デザイン科の生徒が育てた草花をプランターに植え、葛飾区内の保育園・幼稚園・公共施設などに置いて、寒い冬の期間を花で楽しんでいただけるよう準備を行いました。プランター植栽準備は食品科の生徒も取り組みました。
 

 
11月26日
全日制 園芸デザイン科
にっぽり マルシェに出店します

 三河島菜のイメージキャラクター
   「みかわしまーな」
 園芸デザイン科の生徒が12月19日(土)、20日(日)に実施されるにっぽりマルシェに出店し、青茎三河島菜の販売と青茎三河島菜についての展示を行います。
 販売は10時からを予定しています。
 会場は日暮里駅東口すぐの日暮里駅前イベント広場です。青茎三河島菜の販売は販売予定数に達しましたら終了となります。

 参考資料(外部サイト) 荒川区「復活 あらかわの伝統野菜」だより
 三河島菜販売のポスター(PDF)

 にっぽりマルシェ運営団体のサイトはこちらです

 
  マルシェへの出荷を待つ青茎三河島菜
 
  青茎三河島菜の栽培管理を行う園芸デザイン科生徒
11月24日
全日制 園芸デザイン科

 園芸デザイン科3年、草花専攻の生徒8名が、花のまちづくり協議会の亀有地区の皆さまといっしょに、JR亀有駅南口の花壇植栽を行いました。
 年に2回、両さんの「祭り姿像」のうしろにある花壇を季節の花々で飾り、葛飾区民や亀有を訪れる観光客などの目を楽しませています。
 当日も植栽終了直後に、台湾からの観光客が両さんと花壇をバックに記念撮影をしていました。
 
 
 
 
 
11月21日
全日制・定時制 学校説明会

 
 全日制授業公開・学校説明会
 午前中は3時間の授業公開、午後は学校説明会を行いました。
 
 
  新制服の実物見本も展示いたしました。
  
全日制の今後の個別相談会は以下の日程で行います。
  @12月 5日(土) 9:00〜12:00
  A12月19日(土) 9:00〜12:00
  B 1月 9日(土)13:00〜16:00  いずれも予約はいりません。

 定時制学校説明会
 15時から定時制の学校説明会を行いました。
 
 定時制の今後の個別相談会・体験入学・自校作成入試説明会は以下の日程で行います。
  @12月19日(土) 14:00〜 個別相談会
  A12月26日(土) 13:00〜 
体験入学  ※事前申し込み制です。
  B 1月16日(土) 13:00〜 自校作成入試説明会

 全日制・定時制の個別相談会等に関するお問い合わせは、お電話の際に全日制か定時制かをお知らせの上、副校長までお願いいたします。
11月18日
荒川区教育研究会来校

 荒川区内の中学校 教育研究会技術・家庭部会の校長先生・先生方15名が本校を訪問されました。
 本校の教育方針のご説明や施設・設備、荒川区と連携して進めている「三河島菜」の栽培方法、進路指導等について見学や質疑応答、意見交換を行いました。
 今後も荒川区との中高連携について推進してまいります。
 

  農場で三河島菜栽培の畑を見学
 
  農場の教室で質疑応答、意見交換 
11月18日
全日制 食品科 農産マルシェ

 
 食品科食品流通類型の3年生が「農産マルシェ」を開きました。今回はトマトケチャップと味噌パウンドケーキの販売実習を通して、販売・接客・マーケティングなどの実践的な学習を行いました。 
  
11月18日
全日制 園芸デザイン科
 園芸デザイン科3年草花専攻の生徒が地域の方々と、11月16日と17日に実施した、京成線お花茶屋駅近くの曳舟川親水公園の花壇を植栽した様子が、読売新聞江東版で紹介されました。
 2日間で約4000株のビオラ・ノースポールなど4種類を植えました。お近くにお出かけの際は、ぜひご覧ください。

 葛飾区の公式Facebook でも紹介されました。(外部リンク)
11月13日
定時制 地域連携活動






明るい時間帯の装飾の様子
 定時制学校経営計画の「地域貢献活動をする学校」の農産高校定時制地域連携事業の一環として、亀有地区商店街協議会主催「JR亀有駅 こち亀イルミネーション点灯式」に向けて、南口と北口の両津勘吉像に草花をデコレーション展示しました。
 定時制3年「草花」の授業で作成した寄せ植えと定時制4年生の池田さんと外間さんが「課題研究」の授業で夏休みから時間をかけて作成した「小菊の懸崖づくり」を園芸部のメンバーがデコレーション展示しました。
 「こち亀のイルミネーション点灯式」に文字どおり花を添える活動をしてきました。
 なお、展示期間は11月13日(金)から16日(月)までの4日間限定で行いました。(副校長記)
 こち亀のイルミネーションは2月28日まで行われます。
 
  北口の両津勘吉像のデコレーション風景
 

  デコレーション完成後(「農産高定時制 地域連携事業」のプレート付
 
  南口の両津勘吉 祭り姿像のデコレーションを行った園芸部メンバー
 
 
 イルミネーション点灯後の風景 
11月7日・8日
第64回 農産祭

      ポスター


  パンフレット表紙
 第64回 農産祭を開催しました。二日間で3700名を超える保護者、地域の皆さま、中学生・小学生など、多くの皆さまに生徒の活動や発表をご覧いただきました。ありがとうございました。
 
 
      入口のアーチです      正面玄関には全・定生徒の菊を展示
  
    園芸デザイン科の販売          食品科の展示
  
     3年1組のクラス発表            定時制展
  
     全日制の入学相談         食品科の販売には長蛇の列
  
  定時制修学旅行のレポート       ステージ発表(全 ダンス部)
  
  定時制寄せ植えコンテスト審査           クラス展
  
         クラス展            全・園芸加工部の展示
  
   園芸デザイン科の展示             食品科の展示
 
 
   定時制のクラス展              全・生物部の体験コーナー
 

  全・保健委員会の発表展示

 全日制では審査員による厳正な審査の結果、最優秀団体は3−1組となり、優秀団体は2−1組、3−4組、ダンス部、太鼓部、茶華道部となりました。特別賞を保健委員会が受賞し、9日に表彰式を行いました。

 
(画像は新制服のイメージです。)
 農産祭期間中に展示をいたしましたが、平成28年4月の全日制課程入学生から制服をフルモデルチェンジします。現在の1・2年生は現行の制服のままです。
 モデルチェンジに合わせて、女子はオプションのスラックスも導入します。
 実物の制服は今後の授業公開・学校説明会(11月21日)、12月と1月に実施する個別相談会でご覧になることができます。
 
   
10月31日
定時制 オープン・フェスタ
 
 定時制の生徒が、広がれ絆!オープンフェスタ 〜共に生きる社会をめざして〜
のイベントにて販売活動を行いました。
 販売実習を行った生徒は、日頃の学校で見せる表情以上にいきいきと販売活動を行っていました。
 定時制農場で栽培・収穫された無農薬・有機栽培、栽培した生徒の顔が見える「農産高校定時制産のブランド野菜」やジャムを販売いたしました。
 
  
10月25日
全日制・定時制 合同説明会
  都立晴海総合高校を会場に都立高校等合同説明会が開催されました。農産高校のブースにお越しくださいましてありがとうございました。
 この日に参加できなかった中学3年生の皆さん、晴海会場でパンフレットを手にして農産高校に興味をもった皆さん。朗報です。
 11月7日・8日に開催される「農産祭」期間中にも個別相談を実施します。全日制と定時制ともに行います。お待ちしています。
 
10月21日・22日
全日制 農業クラブ全国大会
 
 祝 農業クラブ全国大会
   農業鑑定競技会 優秀賞受賞

 第66回日本学校農業クラブ全国大会が群馬県で開催されました。本校からは農業鑑定競技会とクラブ員代表者会議に出場・参加しました。入賞した食品科3年生は2年連続の入賞を果たしました。
 
 昼食のお弁当は群馬県の農業高校生の提案したメニューが採用されました。
 
 全国47都道府県の連盟旗が勢揃いしました。
 
 式典会場の入口です。
 
 大会式典では意見発表会とプロジェクト発表会で最優秀賞に選ばれた生徒の代表発表も行われました。本校は今年度、44年ぶりに関東大会出場を果たしましたが、参加した生徒にとって全国大会の発表はとても大きな刺激となりました。
 
 来年度は大阪府で全国大会が開催されます。
 (外部リンク) 第67回全国大会 平成28年度大阪大会 
 
10月20日
全日制 園芸デザイン科
 東京都庁の都民広場の秋花壇の制作を園芸デザイン科生徒が行いました。
 
 
 
10月17日〜25日
全日制・定時制

 日比谷公園ガーデニングショー2015に農産高校生の作品を展示しました。
 また、農産生が育てた花苗の配布などもあります。
 詳しくはこちらをご覧ください。(外部リンク)

 
 全日制園芸デザイン科生徒作品 「私達のあるべき小さな世界」
 
 全日制園芸デザイン科生徒作品 「未来への階段」
 
 全日制園芸デザイン科生徒作品 「案山子のテリトリー」

 
 全日制園芸デザイン科生徒作品 「やすらぎの庭園」
 
 定時制農産科生徒作品 「天の羽衣〜和やか〜」
奨励賞受賞
 
 定時制農産科生徒作品 「天の羽衣〜雅やか〜」奨励賞受賞
 
 定時制農産科生徒作品 「天の羽衣〜艶やか〜」

 

 審査の結果、定時制生徒の作品がコンテナガーデン部門とハンギングバスケット部門で奨励賞を受賞しました。このガーデニングショーは今回で13回目となりましたが、高校生の作品がダブル受賞したのははじめての快挙です。コンテナ部門の製作者は、1年小岩さん、2年須知さん、碓井さん、3年渡邊さんです。ハンギングバスケット部門の製作者は2年碓井さん、須知さん、3年渡邊さん、沼田さん、4年高橋君です。
 祝 定時制 奨励賞ダブル受賞
 
入賞者の表彰式が10月25日に行われました。
 

 コンテナ部門の奨励賞の賞状を碓井さんが受けました。
 
 副賞を須知さんが受けました。
 

 ハンギングバスケット部門の奨励賞の賞状を渡邊さんが受けました。
 
 副賞を沼田さんが受けました。
 

 受賞者そろっての記念撮影です。
 入賞作品の紹介はこちらでもご覧いただけます。(外部リンク)
10月10日
定時制 生徒生活体験発表会
 定時制3年生山口さんが第63回東京都高等学校定時制・通信制生徒生活体験発表会が都立大崎高校を会場に開催され出場しました。山口さんは昨年度と今年度の農産高校定時制の学校案内作成や5月に実施された漢字コンテストの優勝、夏季休業期間中の「農家宿泊体験」の参加や亀有銀座商店街でのダンス発表を通じて、少しずつ自分が好きになってきたこと、そして、今では、胸を張って、農産高校定時制の山口です、と言えるようになりました。という趣旨の発表を、彼女らしくしっかりと発表してくれました。発表の結果、「東京都公立高等学校長協会賞」を受賞しました。(副校長 記)
 
10月9日
定時制 稲刈り体験
 定時制では、学校の農場では体験することのできない「稲作」について、足立区にある都市農業公園に出かけ、実践的な農業体験学習を実施しています。今回は5月に自分たちが「田植え」した苗が実り、「稲刈り」を体験してきました。(副校長 記)
 
 まず稲刈りについてのレクチャーを受けました。
 
 いざ、田んぼに入り、稲刈り! 稲刈り!
 
 「稲わら」で収穫した「稲」を束ねます。
 
 みんなで協力して、稲を干しました。
   
10月3日
全日制 第2回体験入学

食品科の生徒が体験会場の案内
看板を作ってくれました。
 
 
 園芸デザイン科の体験はフラワーアレンジメント、秋らしいアレンジメントに仕上がっていました。体験を終えた生徒に声を掛けましたら、「めちゃ 楽しかったです。」と答えてくれました。
 
 
 
 食品科はマドレーヌやジャムの製造体験などを行いました。
 
 保護者の皆さまへは在校生の案内による校内見学ツアーを実施しました。
 

 本校1年生に聞いたアンケートでは、農産高校を知るために参加したイベントは@学校説明会、A体験入学、B農産祭の順となっています。
 11月7日(土)・8日(日)は第64回 農産祭を開催します。
 11月21日(土)は午前中 授業公開、午後に学校説明会を行います。ぜひ、ご来校ください。心よりお待ちしています。 
9月29日〜10月2日
定時制 修学旅行
 定時制3年生が3泊4日で、北海道の道東へ修学旅行に行ってきました。修学旅行の目標は、@世界遺産の知床の自然に触れ、環境保護・野生生物と人間の共生を考えるA北海道の大自然の中で酪農の体験学習を通じて、農業のあり方を考えるB宿泊を通じて社会的マナーを身に付けると同時にクラスの親睦を深めるという3点を生徒にしっかりと話をして実施しました。
 
 いざ北海道へ・・・初めての飛行機・・・期待と不安・・・離陸にドキドキ
 
 博物館 網走監獄  生徒は何を思ったのでしょうか。
 
 知床では日本東端での虹を見ました。
 

 夕食は「カニ、カニ、イクラ、イクラ と十勝牛 北海道の恵みを堪能しました。
 
 いた!いた! 野生のエゾシカ
 
 川湯温泉 硫黄山(大地から吹き上がる蒸気に感動)
 
 体験牧場での搾乳体験
 
 大草原でのサッカーはチョー気持ちいい!!
 
 摩周駅から塘路駅まではJR釧網線で釧路湿原の眺望をを満喫
 
 サルボ展望台 UFOが出現か?
 
 4日目は猛烈に発達した低気圧が北海道に襲来

 台風から変り猛烈に発達した低気圧が北海道に猛威をふるい、帰京できないのでは・・・と心配をしていたのですが、飛行機が欠航とならず、無事に3泊4日の修学旅行を終えることができました。知床でのエゾシカとの遭遇など世界遺産の大自然の体感、体験牧場での搾乳体験やえさやり体験等、学校では経験できない酪農についての理解、海の幸・山の幸・スイーツなどなど、北海道ならではの「食」と、心と体に優しい「温泉」を3泊4日、ともに満喫したことでクラスの絆をより深いものにできた修学旅行でした。この経験を今後の学校生活や人生に生かしていってほしいなぁと思っています。(副校長 記) 

葛飾区産業フェア 
 第31回葛飾区産業フェアに農産高校も参加いたします。
 詳細はこちらをご覧ください。(外部リンク) 
9月27日
全日制 高校生書評合戦 都大会
 高校生書評合戦 東京都大会が都立練馬工業高校を会場に開催され、全日制3年生、2年生の生徒が出場しました。
 参加した生徒は事前の練習も重ねながらも不安な気持ちで当日を迎えました。発表した生徒はいずれも立派に書評を行うことができました。参加した生徒は全員、参加してよかったと言っていました。嬉しいことです。
 
 
 
   
 2年生1名は1回戦でチャンプ本に選ばれ、2回戦に出場しました。 
9月15日〜18日
全日制 第2学年修学旅行

 


 2年生の修学旅行を北海道方面で実施しました。目的は大きく4つです。@集団行動を通じて、協調性を身に付ける。A宿泊・体験学習を通じて他者との協力や社会的マナーを身に付ける。B北海道の自然・産業・歴史・食文化について学ぶ。C生徒相互の親睦を図る。
 
 東京国際空港(羽田空港)に参加生徒全員が集合し、出発前の最終確認です。
 
 函館空港に到着後は班別自主研修です。路線バスと市電を利用して市内見学を実施しました。
 
 チェックポイントとなった五稜郭タワーからは五稜郭城址の形や函館山など、函館市のようすが一望できました。展望台上で班ごとの記念写真を撮りました。
 
 1日目は函館の湯の川温泉に泊まりました。
 
 2日目は函館を出て、途中噴火湾を一望できるパーキングで休憩しましたが、生徒はその美しさにカメラのシャッターをさかんに切っていました。
 
 午後は4方面に分かれての体験学習を行いました。(ラフティング、オリエンテーリング、ネイチャートレッキング、レザークラフト・ガラス細工)
 私(校長)はラフティングの体験に同行しました。
 
 スタート地点、途中は橋の上、ゴール地点で生徒たちの様子を見守りました。
 
 さすがに若いですね。ゴールする頃には余裕でボートを漕いでいました。
 
 2日目は洞爺湖温泉に泊まりました。画像は3日目の朝の湖のようすです。
 
 3日目は中山峠を越えて小樽に入りました。小樽にて班別自主研修を実施しました。
 
 4日目は札幌市内の自主研修です。大通公園や時計台は外せないですね。
 
 研修を終え、JR札幌駅構内のチェックポイントを通過後は班単位で新千歳空港に向かいました。
 
 北海道での研修を終え、たくさんの思い出を抱えて東京に戻りました。
 
 初めて飛行機に乗る生徒も多く、離発着の際には歓喜の声が上がっていました。
8月29日・30日
定時制 地域貢献活動・実践的経営学習の体験活動

 平成27年度の学校経営計画の中で、「農業の6次産業化を踏まえた、実践的な経営学習の推進」の定時制における実践的経営学習の第2弾として、亀有銀座商店街「納涼祭」に参加して、地域貢献を兼ねた実践的経営学習体験を実施しました。生徒には、@アルバイト経験のない生徒が就業体験をする。A将来、食や販売の職業に就きたい生徒に、屋台販売等で、実践的な経験をする。B納涼祭の準備、運営活動が地域の商店街の活性化や地域貢献につながることを実際的に体感することを周知して参加者を募ったところ、2日間で25名の生徒が参加しました。
 
 両さん、中川巡査、麗子巡査の亀有銀座商店街の定期巡回をサポート
 
 
 
 亀有銀座商店街理事長及び副理事長と打ち合わせ
 
 来賓接待の準備作業
 
 実践的販売学習 焼きそば販売
 
 販売促進のための呼び込み活動
 
 定時制ダンス部有志によるダンス発表
 
 2日間の地域貢献型実践的経営学習体験の活動をやり遂げた有志生徒
 
 あいにくの小雨模様のお天気の中での納涼祭でしたが、農産高校定時制有志の「農産人」が地域貢献を兼ねた実践的経営学習の体験活動を通して亀有銀座商店街の「納涼祭」を盛り上げてきました。
 「できたての焼きそばはいかがですか〜」「フランクフルトおいしいですよ〜」「輪投げ、くじ引きはいかがですか〜」など、生徒たちの元気な声が祭りの中で響いていました。生徒に感想を聞いてみると、「焼きそばが焦げないように、おいしく焼きあがるように神経を使いました」「ずっと立ち仕事で販売するのは、たいへんだったけど完売できてうれしかった」「など、疲れたけど充実感を感じることができたようでした。商店街の皆さんからも、農産定時制の生徒は、「自分から、仕事ないですか」「何か手伝いますか」と意欲的でいいね!ととても良い評価をいただきました。
 今後も両さん40周年記念イベントのお手伝いを通じて、生徒にとっても商店街にも「プラス」になるような地域貢献を兼ねた農産定時制らしい実践的学習の場面を模索していけたらいいなと思っております。(副校長 記)
 校長は29日に生徒の活動を見に行きましたが、生き生きと活動している姿がとても印象的でした。 
 
8月21日
全日制 農業クラブ関東大会
 
 祝 農業クラブ関東大会
 プロジェクト発表会優秀賞

 全日制園芸部が記録が残っている中でも、数十年ぶりに関東大会への出場を果たしました。8月20日は会場となった千葉県君津市の君津市民文化ホールにおいて出場校への説明会が開催されました。
 
 その後はリハーサルが実施されました。
 
 宿舎では翌日の本番に向けて最後の調整・準備を行いました。
 
 8月21日、大ホールにて区分「食料・環境」の発表会が開催されました。
 
 発表前の発表者あいさつです。
 
 よい発表ができたと聞きました。「聞きました」と表現したのは、私(校長)は、区分「環境」の審査長として同時進行で行われた他の発表会の審査をしていたので、自校生徒の発表を見ることができなかったのです。
 
 発表を終え、リラックスしている部員と引率顧問
 
 発表会終了後は式典が開催され、千葉県のクラブ員による歓迎の集い(画像)や表彰式が行われました。
 全日制として十数年ぶりに関東大会出場を果たした園芸部の生徒の活躍に対して、9月1日の始業式後に全校生徒の前で優秀賞の表彰を行いました。  
 
8月3日
定時制 農家宿泊体験
 平成27年度の学校経営計画の中で、「農業の6次産業化を踏まえた、実践的な経営学習の推進」という柱を立てています。
 定時制課程では、定時制の特性にあった実践的な経営学習の推進として、千葉県東金市のあいよ農場にて、2泊3日の農家宿泊体験実習を行いました。
 呼びかけに対して11名の生徒が応募し参加しました。

   堆肥(牛糞)の袋詰め作業

   カボチャの収穫作業

  空心菜の苗の植え付け作業

  あいよ農場の有機農法や就農についての体験談を聞く

 「あいよ農場」は土地をもたない若者たちが就農を目指し、悪戦苦闘をしながらも、営農で自立を果たした実験的な農場です。「実際の農業がどのように営まれているのか」「どうして、あいよ農場の若者たちが農業を選んだのか」について、寝食をともにしながら、朝5時に起床して、日差しの厳しい畑で実践的な作業を体験してきました。実際に営んで生計を立てている方の生の声を聞きながら、農家宿泊体験ができたことは、農業経営や農家経営を学ぶよい機会となりました。
 宿泊体験後は千葉県農業大学校やひまわり畑(画像左)の見学も行いました。
(副校長 記) 
 
7月20日
全日制 園芸部



 祝 農業クラブ関東大会出場 
 東京都学校農業クラブ連盟主催、プロジェクト発表会が都立園芸高校を会場に実施され、農産高校園芸部は発表区分「食料・生産」に『青茎三河島菜の復活への取り組み 〜この土地に根付く蔬菜の確立に向けて〜』と題して発表を行いました。発表の要旨は、「農産高校園芸部では3年前から荒川区と連携して、江戸伝統野菜の一つであり、長年にわたってその存在が幻とされてきた「青茎三河島菜」の栽培を行っている。この土地での栽培方法が確立されていないものを栽培してわかったことや課題を振り返り、周年栽培の確立等に向けた取り組みを紹介する。
 立派な発表を行ってくれ、審査の結果、関東大会への出場を決めました。
 
 部長をはじめ10名の部員が役割分担に応じて発表しました。
 
  模型を使って実物大の三河島菜を表現しました。
 
  審査結果発表後、表彰式がありました。
 
  発表した代表生徒に大きな拍手が送られました。
 
  園芸部員、発表を応援してくれた農業クラブ役員と集合写真を撮りました。
 今後は、8月20日(木)・21日(金)に千葉県君津市で開催される、第66回関東地区学校農業クラブ連盟大会 平成27年度千葉大会出場に向けてさらに発表に磨きをかけていきます。生徒諸君の活躍を大いに期待しています。
   
7月18日
全日制 第1回体験入学

 
 
  第1回体験入学を実施しました。今回は180名を超える中学生の参加があり、園芸デザイン科はフラワーアレンジメント、食品科はマドレーヌ、イチゴジャム、味噌漬け、マヨネーズの体験をしていただきました。参加していただいた中学生には農産クッキーをお土産にお渡ししました。
 
 まずは体育館で体験実習に関する全体説明会を実施し、その後は学科ごとに分かれて体験を行いました。
 
 食品科のイチゴジャム体験のようすです。
 
 農産高校では教育活動の見える化を推進しています。ジャムなどを製造する園芸加工室の前には、園芸加工で用いる果実等の苗木を実際に展示してあり、果実などの成長のようすも理解しながら加工実習に臨めるよう配慮しています。
 
 保護者の皆さまの校内見学は生徒が各所を回りながら説明をしました。
 
 園芸デザイン科の実習です。3班に分かれて実施しました。園芸デザイン、食品科の実習とも本校生徒が先生役となって中学生の体験をリードしてくれました。
 
 今回のアレンジで使用した花はすべて農産高校で栽培したものです。
 
 園芸デザイン科の見学案内のようすです。

 
第2回 体験入学は10月3日(土)に実施します。8月には次回開催のご案内をいたします。 
7月16日
全日制 言語能力向上拠点校
 
 東京都教育委員会指定、言語能力向上拠点校として3年目の取り組みを行っています。今回は文化庁文化部国語科の専門職を講師としてお迎えし、「社会に役立つ言葉」と題して、日常的に用いる言葉づかいや日本語表記について、ワークシートを用いた活動や、「話す」「聞く」に加え、「書く」という言語活動も取り入れながら講演をしていただきました。
 
 
 

     ワークシートを取り組む生徒
7月11日
全日制 硬式野球部

  東東京大会に連合チーム(都立足立東高校、桐ヶ丘高校、農産高校)で参加していますが、2回戦として神宮球場にて岩倉高校と対戦しました。生徒・OB・OG、保護者、教職員、昨年まで顧問を務めていて4月に他校に異動した元顧問2名も応援に駆け付けてくれました。
 
 
 
 

 夏の灼熱の太陽が照りつける中、連合チームの主将を務めた農産高校3年生は、二人のマネージャーとともに全力プレーで最後の夏を戦いました。結果は7回コールド負けとなりましたが、連係プレーなど連合チームとして練習が十分にできない状況でありましたが、精一杯各校の選手はプレーしていました。
7月10日
全日制 三河島菜勉強会
 「三河島菜勉強会 in 農産高校」と題して、荒川区の主催で実施しました。講師として江戸東京・伝統野菜研究会の大竹 道茂代表をお招きして、江戸東京野菜の歴史や文化、特性などについて講義をしていただきました。
 
 講義の終了後には、生徒代表の謝辞と食品科の生徒が製造したみそなどの実習生産品をお渡しし、集合写真も撮影しました。
 
 
 講義が終わった後、校長室において東京都学校農業クラブ連盟プロジェクト発表会東京都予選に出場予定の園芸部生徒2名が大竹氏、荒川区職員が見守る中、作成途中の発表資料をもとに、これまでの三河島菜の取り組みについて模擬発表を行い、アドバイスをいただきました。
 
 
6月25日
定時制寄せ植えコンテスト
 定時制3年生徒が草花の授業で栽培したマリーゴールドを必ず使った寄せ植えを玄関前に展示しています。
 現在、寄せ植えコンテストとして投票を受け付けています。7月6日(月)まで投票箱を設置しておりますので、来校の際にはぜひ投票をお願いします。投票結果は7月7日(火)になります。
 

 6月30日に定時制課程の学校運営連絡協議会等が開催されました。会議後に協議委員の皆さま方にも投票していただきました。
 

 コンテストの結果が発表されました。投票者のコメントの一部も紹介します。
 
   
    金 賞
 ・グレコマがラプンツェルの髪の毛を表していてとてもかわいかった。
 ・ラプンツェルカラーの紫とピンクを基本としているところがきれいでかわいい。
 ・全体的にバランスがよく一番気に入りました。
 
   
    銀 賞
 ・派手さがありダイナミックです。
 ・物語性のある作品だと思います。
 ・真ん中のマリーゴールドが目立っていて、周りのお花もカラフルで、いろいろな 
  角度から楽しめました。
 
   
    銅 賞
 ・夏らしさがあり、みんなと祭りに行きたいと思わせてくれる作品です。
 ・ヒマワリと赤い花で花火を表しているところがよかった。
 ・早く花火が見たい!! そんな気です。持ちにさせてくれた作品
6月15日
全日制園芸デザイン科都庁花壇


 春の都庁花壇植栽を園芸デザイン科9名の生徒が都庁第一本庁舎と議会棟の間にある都民広場花壇の植栽を行いました。

 東京都教育委員会のツイッターで紹介されました。
 
 都民広場を第一本庁舎の32階から撮影しました。中央の左側にブルーのシートを赤で○囲みしている場所の花壇を植栽しました。
 
 
 
 

 代表の生徒2名が東京都教育委員会教育長を表敬訪問し、寄せ植えの鉢をお届けしました。
6月14日
定時制卓球部
  祝 全国大会出場
 定時制生徒9名が平成27年度 第48回全国高等学校定時制通信制卓球大会東京都予選 兼 東京都高体連定時制通信制卓球部春季大会に出場し、3年生女子がベスト8に入りました。
 このことにより、8月4日〜6日にかけて開催される、全国高等学校定時制通信制体育大会 第48回卓球大会への出場を決めました。おめでとうございます。
 
 
6月12日校内研修会
 全日制と定時制合同で、「授業力向上のための校内研修会」を実施しました。外部講師に全日制の5・6時間目の授業を見ていただいた上で、講演をしていただきました。
 
 今回は、1 生徒の学習意欲を高める授業の工夫について 2 探求型学習を使った進路指導・進路を意識させるタイミング という2本の柱で研修を行いました。
 
 研修会に参加した教員は、自分の授業を振り返り、さっそく授業で取り組んでくれています。
 本校では、小グループによる相互の授業参観、研究協議などを通して創意工夫を生かした授業実践を行っていきます。
 今後も生徒の興味と意欲を高める授業、問い掛けの場面を多くし、振り返りをしっかりと行う授業、進路指導で育む選択の力などの育成のために研修を継続してまいります。
   
6月7日
全日制地域連携活動


 地域連携活動に生徒が参加し、生徒が栽培や加工した実習生産品の販売活動を行いました。
 (1)第34回 亀有学び交流館 亀参まつり
 農産高校お楽しみコーナーとして「押し花カードを作ろう」を行いました。生徒が参加者の皆さまに、はがきカードに押し花を思い思いに配置し、最後はパウチフィルムをして完成となりました。

 
 園芸デザイン科と食品科の実習生生産品の販売も行いました。
 
 
 (2)第34回 葛飾菖蒲まつり
 金町の北側にある水元公園で開催されている菖蒲まつりに参加しました。こちらの会場でも生産品は大人気で、毎年楽しみにされている方々にお買い求めいただきました。数々の菖蒲も見ごたえがありました。
 
 
 
5月29日
全日制宿泊防災訓練
 全日制1年生の生徒が宿泊防災訓練を行いました。避難訓練にはじまり、防災用品の運びだし、帰宅支援ステーション開設模擬訓練、救命入門コース受講、震災関連講話などを実施しました。これらの活動を通して、高校生として期待される「自助」「共助」の力を身に付けていきます。
 
 帰宅支援ステーション開設のための準備
 
 夕食(アルファ化米おこわ)の準備
 

 救命入門コースの受講(胸骨圧迫)
 

 (AEDの使用方法)
 
 早朝活動(体育館でのラジオ体操)
 
 宿泊防災訓練を終えての振り返り(ワークシートへの記入)
5月26日
定時制生徒作品展示
 定時制の生徒が寄せ植えで作った作品の展示を、東京都教職員研修センター(文京区本郷;最寄駅:水道橋)にて開始しました。
 校長はさっそく、5月28日に研修センターへの出張がありましたので、展示されている作品を見てきました。
 昨年の展示よりさらにメッセージ性のある作品に仕上がっていると思います。教育関係者で、東京都教職員研修センターに行く機会があれば、ぜひご覧ください。
  
5月8日
定時制奉仕体験活動
 定時制の1〜3年生が、足立区鹿浜にある都市農業公園において奉仕体験活動として、田植え実習を行いました。
 農業公園にある水田に田植えと除草をすることで、奉仕の心や集団行動でのマナー、協力性などを養うとともに、農業や自然、稲作などへの視野や認識を深めることを目的としています。
 
  実施前に公園職員からの説明を受けました。
 
  田植えと水田の除草を行いました。
 

 公園のために貢献できた喜びと、田植え実習をとおして、それぞれに良い体験・経験をすることができました。
5月8日
全日制第58回体育祭


       コース対抗リレー

        チームジャンプ

      農産走(障害物走)


      応援合戦

         閉会式
 「絆を播種して勝利の花を咲かせよう 〜Never say never〜のスローガンのもと、体育祭を実施しました。天気にも恵まれ、体育祭実行委員、各団の団長のリーダーシップで、素晴らしい体育祭になりました。
 生徒の一生懸命な姿に心打たれました。「Team Nohsan」として1年生はこれで名実ともに農産生の一員に。2年生は中間学年としての自覚と来年度の体育祭への展望、3年生は最後の体育祭として、下級生をリードし、感動的な体育祭を創ってくれました。生徒一人一人の成長も実感できました。ありがとう。
 中学3年のみなさん、来年は農産高校で一緒に感動を共有しませんか?

 
  2組コースの応援合戦
 
  1組コースの応援合戦
 

  3組コースの応援合戦
 
  4組コースの応援合戦
  
     1組コースの団旗           2組コースの団旗
  
       3組コースの団旗           4組コースの団旗
 
  
女子騎馬戦のようす
 
 団旗の優勝は1組コース、応援合戦優勝は4組コース
 総合優勝は3組コースでした。 
5月1日
全日制農業クラブ意見発表会
 
 農業クラブ意見発表会・総会、生徒総会が開催されました。農産高校らしい活動として、意見発表会を紹介します。
 意見発表会とは、身近な課題や将来の問題についての抱負や意見を原則7分以内にまとめて口頭発表し、農業クラブ員(生徒全員がクラブ員です。)の主体的に問題を解決する能力と態度を養うことを目的としています。全生徒が自分の意見などをまず原稿用紙に書き、その後クラス代表が選出されます。
 今回は12名のクラス代表が、発表者自身の体験・経験に基づいた内容を、聴衆に意見が伝わるように工夫しながら表現しました。
 審査の結果、上位3名は6月4日に開催される、東京都学校農業クラブ連盟の意見発表会に本校代表として出場します。
 
        意見発表中のひとコマ
 
    農業クラブ総会における役員紹介
 
    生徒会 各委員会委員長の任命式
 午後は生徒総会、生徒会役員補欠選挙が実施されました。  
 
4月28日
定時制都内オリエンテーリング
 定時制生徒が都内オリエンテーリングを実施しました。目的として、都内を自分の足で歩き町の息吹を感じること、歴史ある町や博物館・美術館をめぐり、東京の歴史や文化に直接触れる。地図をもとに、東京の街中を回る力を身に付けることなどを目的としました。
 まず最初に浅草の浅草寺境内に集合し、上野公園内の中間ポイントを経て、千駄木の最終ポイント地点までの行程中に生徒は思い思いのコースを友だちといっしょにめぐりました。(右の画像は浅草寺内の集合のようすです。)
 また、希望者は築地市場の見学も行いました。
4月24日
定時制生徒作品展示
 4年生が園芸デザインの授業で取り組んだ、押し花の作品が校長室前の廊下に展示されています。
 学校で栽培してきたパンジーやビオラなどの花を使って作られています。
 定時制生徒が授業で取り組んだ数々の作品が定期的に校内で展示されています。季節感を感じながら楽しませてもらっています。
  
4月21日
全日制1年移動教室
 
 
 1年生が4月21日に、学校からバスで1時間30分の自然が豊かな千葉県富津市のマザー牧場へ行ってきました。引率した担任から生徒の活動の様子を聞きました。
 画像左は、生徒が協力してカレーづくりをしているところです。カレーづくりをとおして親睦を深め、協調性を身に付けたり、達成感を感じたということです。
 

 カレーを食べている様子です。自分たちで作ったカレーをおいしそうに食べていたそうです。
 

 マザー牧場で飯ごう炊さん、班別行動を行いましたので、昼食後はソフトクリームなど、牧場ならではの食べ物を堪能し、牛・豚・羊・山羊などの動物と触れ合いました。学年主任や移動教室の担当者が校長室に帰着の報告をしてくれた際に成果を尋ねたところ、集団行動力や親睦が深まったのでこのあとの体育祭や宿泊防災訓練につなげていきたいと力強く語ってくれました。
全日制
数字で見るシリーズ
 
  
 全日制を平成27年3月に卒業した生徒のうち、専門学校に進学した生徒の内訳です。農業高校としての専門性を生かして、農業・動物分野の31%をはじめ、調理、製菓・製パン、栄養で7割弱となっています。
 
 全日制を平成27年3月に卒業した生徒のうち、就職した生徒の内訳です。食品製造や販売などが全体の7割以上となっています。進学・就職ともに、農産高校で学んだことを生かした進路となっています。
定時制
数字で見るシリーズ
  
 4月に定時制に入学した生徒に、入学を決める前にどのように本校の情報を得ましたかと尋ねたところ、グラフのような結果となりました。
 学校説明会・体験入学・農産祭・個別相談と約半数以上が実際に本校に来校してくれています。他の機会も含めて、色々な情報を組み合わせていることがわかります。

平成27年度入学生に関する情報
 本校は東京都東部地区唯一の農業高校として、学校のある葛飾区を中心に周辺の区からも多くの生徒が通学してきています。
 4月に入学した生徒が在学していた中学校の割合をご紹介します。
 
 
 全日制は足立区と葛飾区が多いのですが、今年は例年以上に足立区から多くの生徒が通って来ています。
 
 定時制は夜間定時制ということもあり、通学範囲もあり、4区に限られています。江戸川区と荒川区から一定の生徒が通ってきているのが特徴です。

全日制 言語能力向上拠点校

   画像は授業のイメージです
 本校は東京都教育委員会より言語能力向上拠点校に指定されており、今年度が3年目になります。
 これまでも生徒の言語能力の向上に向けて、読書活動をはじめ、言語を活用する場面を多くして取り組んできました。そして、都立高校生言葉の祭典決勝に2年連続で出場するなど、成果もあげてきました。
 平成27年度は、全校で取り組む共通テーマのもとに、さらに各教科で重点的に取り組むテーマを設定して、全生徒の言語能力の向上に向けて取り組んでまいります。
 
    各教科の重点テーマ一覧はこちらです
 
 
農産高校キャラクター
「農産あやめちゃん」
 授業公開・体験入学・学校説明会等の日程についてお知らせします。

全日制課程
 ・1学期授業公開週間 6月8日(月)から12日(金)
 ・第1回体験入学 7月18日(土) ※事前の申し込みが必要です。
 ・2学期授業公開週間 9月28日(月)から10月2日(金)及び11月26日(月)から21日(土)
 ・第2回体験入学 10月3日(土) ※事前の申し込みが必要です。
 ・農産祭 11月7日(土)、8日(日) 全と定の合同開催です。
 ・学校説明会 11月21日(土)
 ・個別相談会 12月と1月に3回開催予定です。

定時制課程
 ・授業公開(6月15日(月)から17日(水)、11月16日(月)から18日(水)、1月18日(月)から20日(水)
 随時の学校見学・授業見学も受け付けています。お電話にてお問い合わせください。
 ・農産祭 11月7日(土)、8日(日) 全と定の合同開催です。
 ・学校説明会 11月21日(土)15時から
 ・個別相談会 12月19日(土)
 ・体験入学 12月26日(土) 
 ・入試問題説明会 1月16日(土)

 詳細のご案内は開催が近づきましたらお知らせいたします。

4月7日
定時制課程入学式

 
 定時制課程第60回入学式を挙行し、31名の生徒が入学しました。
 
 入学式終了後の記念撮影です。ようこそ、農産高校へ。
 
 
 定時制課程の入学式の装飾は園芸部と創作造形部の生徒が毎回、心を込めて準備してくれます。ありがとう。

4月7日
全日制課程入学式
 
 全日制課程第60回入学式を挙行し、142名の生徒が入学しました。
 
  新入生は農産高校での期待と不安を胸に、入学式を迎えました。
 
 在校生代表による校歌の披露です。

4月1日
管理職ごあいさつ

平成27年度がスタートしました
 
全日制課程副校長・定時制課程副校長とともに、生徒の教育活動の充実・発展のために取り組んでまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 画像中央  校長 並川 直人
  画像左 全日制課程担当副校長 倉本   晃 
  画像右 定時制課程担当副校長 長野 泰明

 
   

 平成26年度の校長ブログ(アーカイブ)はこちらをご覧ください。