印刷

農場ブログ ~気ままにオアシス通信~

8月1日(木)
今日は2年生の実習日でした。
今日の実習で行った除草内容について、少し説明したいと思います。

これは、ハマスゲという植物です。


この植物は球根があり、球根を取り除かいないと、またすぐに生えてきてしまいます。
ですから、一度スコップなどで土を掘り起こしてから丁寧に球根を抜かなくてはいけません。
生徒たちは暑い中頑張って土を掘り、球根を取り続けました。

これがハマスゲの球根です。除草の際は、これを残さないようにしましょう。


休憩中の様子。エアコンの効いた部屋で一休み・・・。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

7月24日(水)
今日は夏季休業期間中の総合実習を行いました。
1年生は農場に集合し、作業をしました。

夏季総合実習の主な内容は、
1学期に栽培した農作物の最後の収穫、
栽培中の作物の生育管理、
2学期に向けた圃場の管理などです。

これは、収穫を終えたトウモロコシを撤去している様子です。
2学期に秋冬野菜をここで育てます。


こちらは除草を行う様子。
先生が雑草の特徴を解説し、生徒は除草のポイントを学んでいます。


こちらは中耕(苗の周りの土を軽く耕す)を行っています。
作業を終えた左側は、雑草もなくなりキレイになってますね。
このあとワラを敷いて完了です。


最近は梅雨が長く、今日も涼しかったため、
作業をしやすかったと思います。
みなさん、熱中症には十分気を付けてください。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7月22日(月)
今日は食品系の活動を紹介します。食品も農業科目の1つです。

本日は、アイスクリーマー(アイスクリーム製造機)を使い、アイスクリームを作りました。
これは、2学期に行う実習のための確認実習です。

材料をボールに混ぜ、準備OK。
ちなみに、このアイスクリーマーは、今年度購入した新品です。


およそ30分後、しっかりアイスクリームになりました。


2学期、実習でやりますよ。生徒の皆さん、お楽しみに。






◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7月18日(木) 
農場では、7月下旬の造園技能士の実技試験に向け、全日制と定時制の生徒が練習を行っております。
15日に行われた、マイスター講習の様子です。


竹垣をつくるために必要なパーツを手順通りに正確に切り出しています。


時折、小雨が降る中の講習でしたが、プロのマイスター講師の方々に教えていただきながら普段は学べないプロの技や合格するためのコツを丁寧に教えていただきます。


合格目指して、頑張りましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7月15日(月) 

本校玄関前において、今週末の19日(金)まで、「第15回 校内寄せ植えコンテスト」の作品の展示及びコンテスト結果の発表を行っております。


最終日まで生徒は自分たちの作品管理を続けます。


コンテスト結果の発表もご覧ください。


作品を見学していただきました皆様、コンテストに投票していただきました皆様、長年にわたり寄せ植えコンテストを楽しみにしてくださっている皆様、全ての皆様に感謝申し上げます。
次回の寄せ植えコンテストは、11月の文化祭で行います。
生徒たちの更なる作品をご期待ください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7月10日(水)<2年生へ>


お待たせしました。
本日スイートコーンの収穫です。


収穫したら一刻も早く食べてくださいね。
甘いですよ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7月7日(日)<先週の報告です。>


本日は園芸部による地域の方々への野菜販売を行いました。
小雨の中、収穫から始めます。


甘トウガラシやピーマンを収穫しました。


エダマメの収穫です。
収穫後は葉を丁寧に取り除き洗浄して計量します。


部員全員で協力して販売開始です。
小雨の中、多くの方が来てくださいました。
ありがとうございました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
7月5日(金)<先週の報告です。>


2・3年生の総合実習や草花の授業で、鉢上げをしたり管理してきた草花苗が、近隣の10園の保育園へボランティア苗として旅立ちました。


この日も10園の保育園の先生方が農場まで取りに来てくださり、丁寧に引き取っていただきました。
生徒たちが管理した草花たちが近隣の保育園に植えられて楽しんでいただけるなんて、考えるだけでワクワクしますね。
野菜苗や草花苗のボランティア報告は、11月に開催される本校の文化祭(農産祭)で展示します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7月5日(金)<先週に戻ります。>
今日はトマトのお話です。
6月25日に定植のやり方をご紹介しましたが、トマトは今どうなっているでしょうか。
6月16日にミニトマトの一株に、モザイクウィルス病の症状がでていましたので他の株へ広がるのを避けるためその株を抜きました。


抜いたトマトは以前ご紹介した苗の半分の茎を土中に寝かせて植えた株でした。
抜いてみました。


あれ、横にも根っこが伸びているようです。
分かりやすいように洗ってみました。


むむ、近付いてみると、



これは、不定根といって茎の途中からも発根するトマトの特性を利用した植え方だったのです。
この植え方だと普通に植えたときよりもたくさんの栄養や水分を吸収できます。
ただ、梅雨の長雨の時期は必要以上に水分を吸収してしまいます。
この植え方が良かったのかどうかは、今後の経過を観察することが大事となります。
頑張れトマトたち。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
7月8日(月)<速報>
6月17日(月)~7月5日(金)3週間にわたり、大勢の皆さまから投票していただきました「第15回 校内寄せ植えコンテスト」の投票結果を発表します。

総得票数127票の中から票数の多い順に金、銀、銅賞が決まりました。
受賞した皆さんおめでとうございます。
全ての作品は7月19日(水)の終業式まで展示予定です。


【金賞】
作品Aタイトル
「#バカンス #南国」



【銀賞】
作品Dタイトル
「今を輝く軽音楽」


【銅賞】
作品Bタイトル
「咲き続ける花火」



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7月1日(金)
3週間に渡り投票していただいております「第15回 校内寄せ植えコンテスト」も残るところあと1週間となりました。
今週は2度目の投票ができるスーパーウィークとなっております。
3年生が日々管理や手入れを続けており、当初作った形が劇的に変化している作品もあります。


昨日は、1年生が期末考査終了後に2度目の投票をしてくれました。


投票は7月5日(金)の午後9時までです。


是非、ご鑑賞いただき投票をお願いいたします。
結果発表は7月8日(月)です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(金)<園芸部&創作造形部>
寄せ植えコンテストを盛り上げようと、園芸部&創作造形部も大活躍です。


 

創作造形部員が2週間かけて作った看板を園芸部作品のハンギング台に取り付けています。
照明をセッティングし日が暮れからも楽しめる空間を演出しました。


コードが引っかかることのないよう養生も丁寧に行います。


「第15回 校内寄せ植えコンテスト」は、7月5日(金)まで農産高校の正門エントランスで開催しております。是非、ご覧下さい。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
6月28日(金)<3年生へ>

3年生の皆さん。
6月27日のナスとミニトマトいかがでしたか。
たくさん収穫しましたが、みんなで分けるとわずかになってしまいました。

ミニトマトは初採りです。
食後に感想を聞かせてください。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
6月28日(金)<2年生へ>
2年生のスイートコーンが受粉を終え、成熟に向かっています。
6月26日(水)の実習で、雌穂(しすい)や絹糸(けんし)を観察をしました。



アワノメイガはいないかな。
あっ、カメムシだ。



美味しいスイートコーンの収穫は、7月中旬となります。
楽しみですね。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
6月28日(金)<1年生へ>

皆さんのキュウリ、こんなに大きくなりました。
本日、8本収穫できた株もありました。
まだまだ収穫が続きます。
楽しみですね。
キュウリのトンネルも楽しいですよ。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
6月27日(木)
ただ今、「第15回 校内寄せ植えコンテスト」が本校舎のエントランスで開催されております。


 

このコンテストにエントリーしている作品は全部で9作品です。
3年生が草花の授業で栽培し管理した草花を使い、チームに分かれて作品を作りました。
投票期間は6月17日(月)~7月5日(金)までの3週間です。
その期間中にも作品を作った3年生は日々管理や手入れを続けており作品は日を追うごとに輝きを増しています。
今回エントリーしている作品をご紹介いたします。

作品Aタイトル
「#バカンス #南国」


作品Bタイトル
「咲き続ける花火」

 


作品Cタイトル
「曇天」


 


作品Dタイトル
「今を輝く軽音楽」



 

作品Eタイトル
「個性の集まりではないか?」

 
作品Fタイトル
「色とりどりの花たち」


 


作品Gタイトル
「友達とパーティー」


 
作品Hタイトル
「一つ一つの個性」


作品Iタイトル
「Leaf  Reuniend」

 
実際の作品は写真の何倍も美しく、それぞれのチームが考えたタイトルの由来も書いてあります。
読みながら鑑賞していただけると、更に製作した生徒達の思いを感じることができるでしょう。

ゆっくりとご鑑賞いただき、是非、投票をお願いします。
よろしくお願いします。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇

6月25日(火)
今日は4年生の1学期最後となる園芸デザインの授業でした。
今回は、「バスケットボケー」です。
ボケーとはフランス語でブーケの事です。



植物の葉で器を作り、その中にブーケをつくっていきます。


かなり難しい作業ですが、それぞれ素晴らしい作品が完成しました。


本日も自分たちで展示しました。
授業時間の中で、全員が集中して素晴らしい作品を完成しました。



来週まで展示予定です。
玄関には園芸部の作品も展示中です。
こちらもご覧ください。


■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■□■☐
6月25日(火)
本日は、さらに報告があります。
今日は3年生の教材、トマトのお話です。
現在、農場では6種類のトマトを栽培しています。
ミニトマトが3種類、中玉トマトが1種類、大玉トマトが2種類です。
トマトの定植は5月9日~12日でした。
ゴールデンウィークから乾燥が続き、活着(植えた苗が根付くこと)を心配しましたが大丈夫でした。
今回、トマトは2種類の植え方で植えました。
まずは普通に真直ぐに植えます。


そして、半分の苗は、定植(苗を畑に植えること)する際、苗の半分から下の枝を全部切って寝かせて植えました。



なぜ、寝かせて植えるのでしょうか。
そして、そのトマト達は今どうなっているのでしょうか。


6月25日(火)
夜の農場の様子を紹介します。
夜間でも作業ができるように、ナイターを設置しているため作業に困りません。





キュウリは収穫期を迎えています。



トウモロコシ(右奥)の収穫ももうすぐです。サトイモ(手前)も元気に育っています。

■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■□■☐
6月24日(月)
1年生の皆さん。
ごめんなさい。
40センチ以上になったキュウリは収穫しました。


これ以上置いておくと、株自体が痛んでしまうんです。
この時期、キュウリの成長が早いのです。
皆さんのキュウリはどうなってるか、見に来てください。


■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■□■☐
6月23日(日)
今日も2年生の教材、スイートコーンのお話しです。


今日は雄穂の花を切って少なくしました。


なぜ、花を切ったのでしょうか。
それは、スイートコーンは花粉を飛ばし始めるとさらにいろいろな虫が寄ってくるのです。
これはヨトウムシと以前紹介したアワノメイガです。


今、スイートコーンは受粉の最盛期を迎えています。
ミツバチも一生懸命に花粉団を作ってかわいいですね。


今は悪さをしないカメムシも熟したスイートコーンの実の汁を吸う害虫なのです。


本日、園芸部員と雄穂の花数を減らしました。これは主にアワノメイガ対策です。
雄穂を取りながらも、しっかりと雌穂(絹糸)にも受粉していきます。


2年生の皆さん、また実習で詳しくお伝えします。
美味しいスイートコーンが待ち遠しいですね。


■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■□■☐
6月19日(水)
今日は2年生の教材、スイートコーンに劇的な変化がありました。
昨日出穂(花粉を飛ばすために雄穂が株の先端からでること)していた雄穂から花粉が飛び始めました。


そして本日、2つの株の雌穂からスイートコーンのひげ(絹糸)がでました。


このひげ(絹糸)はスイートコーンの雌しべです。このひげに花粉がついて受精します。ひげの一本一本がスイートコーンの粒につながっているんですよ。おもしろいですね。
ただ、受粉の時期は注意も必要です。花粉に誘われて様々な虫がやってきます。カメムシやハナムグリ、ヨトウムシ…そしてアワノメイガなどです。特に、アワノメイガはスイートコーン
の芯を食害し、最終的には実に入ってモリモリとトウモロコシを食べてしまいます。




しばらくスイートコーンに注目です。
収穫は夏休みに入る前です。
美味しいスイートコーンができるのが楽しみですね。


■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■☐■□■☐■☐■☐■□■☐
6月18日(火)
本日の4年生園芸デザインの授業では、基本型の三角形「トライアンギュラー」に取り組みました。講師の先生からしっかりと講義を受け、作品製作に取り組みます。


基本型のきれいな三角形に仕上げていきます。



農場で咲いているブッドレアやジニアを使い、華やかな作品となりました。


今回も自分たちの作品を丁寧に展示しました。来週の火曜日まで各自で管理していきます。


2階定時制職員室前に展示中です。


6月18日(火)

昨日、3年生が教材としているナスに半身萎凋病(はんしんいちょうびょう)の兆候がでているものが4株ありました。



半身萎凋病は、土中のカビが原因で発生する病気で、昨年もずいぶん被害がありました。2月の種まきから育てた大事なナスですが、この4株は抜いて処分となりました。残念です。


残りのナスたちよ、頑張れ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6月16日(日)
<園芸部>
本日は、園芸部員が、金曜日に収穫した新ジャガをはじめ、初収穫のキュウリ、ナス、ピーマン、ズッキーニ、草花苗などを地域の方々へ販売しました。
この販売を楽しみにしてくださっている地域の方々から言葉を掛けていただきました。生徒は、張り切って販売しました。


また、6月17日(月)から始まる3年生の寄せ植えコンテストに彩りを添えるため、ジニアを使った寄せ植えをつくりました。

<創作造形部>
3年生の寄せ植えコンテストで使用する看板に貼る文字の切り抜きをしました。




6月15日(土)
本校で行われた東京都農業クラブ意見発表会東京都予選会に園芸部の1年生が学校代表として出場しました。「品種改良の目的」をテーマとして、丁寧に発表する姿が印象的でした。
各校学校代表の意見発表は、とても素晴らしいものでした。

6月11日(火)
4年園芸デザインの授業で、初めて基本型から離れた作品をつくりました。
今回は、
植物の葉などで額縁をつくり、その中に生け込みデザインする「フレーミング」です。
完成した生徒作品です。素晴らしいです。



授業で学習した技術を活用して、農場で咲いた季節の花や葉を使って作品にしていきます。


つくり終わったあとは全員で展示準備です。

静かに丁寧に水を注ぎます。


約1週間、職員室前の廊下に展示します。


こちらは経営企画室前の玄関に飾ってあります。是非、御覧ください。


6月9日(日)にテクノプラザかつしかで開催された「かつしか環境・緑化フェア2019」に本校園芸部の作品が展示されました。
今回は園芸部の2年生の2人がつくったハンギング作品と3年生の授業でつくった寄せ植えを組み合わせて展示しました。





ハンギング作品は1か月前からつくりました。展示に合わせ、きれいに丸くなるように管理してきました。



当日、園芸部の1年生が作品の管理をかねて「かつしか環境・緑化フェア2019」に参加しました。



会場には葛飾区ごみ減量・3R推進キャラクター「りー(Ree)ちゃん」も参加していました。


様々なブースが出展されており、地域の河川の生態系やごみ問題、マクロの視点から地球環境まで考えさせられるイベントでした。





 
〒124-0002 東京都葛飾区西亀有1-28-1
電話 : 03-3602-2865 ファクシミリ : 03-3602-8330
E-mail : S1000135@section.metro.toyo.jp